資料作成やパワーポイントの事なら何でも解決。ビジネスプレゼンテーション資料作成コンサルタント。Microsoft Office PowerPoint MVP 山橋美穂

1日で習得 綺麗で分かりやすいプレゼンテーション資料作成 基礎編③

資料作成に必要なExcelのグラフの作り方、また、グラフの綺麗な作り方をお教えします。

 

グラフにはそれぞれ用途があります。

皆さんは、その用途を知らずに何となくグラフを作ってはいないでしょうか。

本来、データをビジュアル化(グラフ化)する事で、より分かりやすくなるハズが用途の間違ったグラフを使用する事によってむしろ分かりづらくなってしまいます。

意図が読み取りづらいグラフは、プレゼンの流れを止めてしまうだけでなく理解して貰えない故に、オーディエンスの心を放してしまいます。

 

グラフの用途をちゃんと知って正しいグラフを使用しましょう。

その他にも、Excelの知って得する裏ワザをお教えします。

image01

当日の流れとタイムスケジュール:

150分で以下の内容をお教えします。

  1. 各グラフの用途
  2. 棒グラフと折れ線グラフの混合
  3. 棒グラフと棒グラフの内訳
  4. 円グラフと円グラフの内訳
  5. 分布図やバブルチャートでデータラベルを表示させる
  6. ウォーターフォール(階段チャート)
  7. グラフの軸の表示
  8. 表示形式のユーザー定義
  9. 形式を選択して貼り付け

こんな方を対象としています:

  • Excelで単純なグラフしか作った事がない方
  • Excelのグラフをもっと勉強したい方
  • プレゼンテーション資料の中でもっと上手にグラフを用いたい方
  • 学生、これから新社会人を迎える方
  • グラフの作り方に詳しくない方
  • Excelを使った事がない方
  • 色々なグラフを作ってみたい方

注記:

一緒に操作していきますので、Microsoft Office Excelの入ったPCをご持参下さい。

バージョンはOffice2007以降のエクセルをご用意下さい。

受講料:

7,400円

参考:

1日で習得 ~綺麗で分かりやすいプレゼンテーション資料作成 第3部

forTop