資料作成やパワーポイントの事なら何でも解決。ビジネスプレゼンテーション資料作成コンサルタント。Microsoft Office PowerPoint MVP 山橋美穂

ご無沙汰しております

完全なる放置プレイ、大変失礼致しております・・・・叫び

今日から、ブログ更新を真面目に取り組みますっ!!

日本から、資料作成ベタがいなくなるまでっ!!(大袈裟)

もう2年も前にExcelのグラフの用途のお話を致しました。(2つ前の記事参照(^-^;))

最近は、資料作成代行よりも

企業の新人研修や勉強会・専門学校の講座の講師などのお仕事が多いのですが

毎回必ず、グラフの用途の話しは

重要度大でお教えしております。

皆さんが資料内でグラフを使用する理由は

データを理解し易くする為

だと思います。

数字を羅列したり、文言でダラダラと説明するよりも

グラフという絵(ビジュアル)を使って

視覚で理解して貰った方が

より明確に伝わるから

ですよね。

意図をより明確に伝える為にビジュアル化しているのに

間違った用途のグラフを使ったら

どうでしょう・・・

下記は、「八百屋さんの年間売上の内訳比」を表したグラフです。

(画像が荒くてごめんなさい)

縦棒グラフを使用した場合

積み上げグラフを使用した場合

2つ共、データは同じですが

使用するグラフによって

こんなにも見え方が違います。

売上の中の内訳比率を伝えたい場合

どちらのグラフを使用すれば良いかは

一目瞭然ですね。

この様に、使用するグラフの用途を間違えてしまうと

明確に伝えるどころか、聞き手を混乱させてしまいます。

グラフを使用する時は

用途を認識しましょう。

 

プレゼンテーション資料作成の委託・アドバイス・講師のご相談は

こちらです。

お気軽にご連絡下さい手紙

(Power Point、Excelのレクチャーも承っております)

info@yamahashimiho.com

セミナー申し込みフォーム

セミナーのお申込みは以下のフォームよりお願いいたします。

参加セミナー

↑自動的に入力されます。

メールアドレス

 

お名前(フリガナ)

 

連絡先電話番号

上記入力が終わりましたら、チェックを入れてください

これは確認画面です。内容をよくお確かめのうえ送信してください。
forTop