資料作成やパワーポイントの事なら何でも解決。ビジネスプレゼンテーション資料作成コンサルタント。Microsoft Office PowerPoint MVP 山橋美穂

Microsoft Officeそれぞれのソフトの用途

こんにちは。

資料に使用するグラフについて

もう少し掘り下げるつもりでしたが

まずは、パワーポイントの使い方が解っていない事には

資料も作れませんので

この場で少し

パワーポイントの機能レクチャーを行いたいと思います。ニコニコ

皆さん、パワポで資料を作る前には

パワポの使い方How to本なぞを購入して

お勉強されていると思うので

「今更機能レクチャーなんて良いよー」

とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが

パワーポイントを初めて使う方にも

このブログを読んで頂きたいので

Power Pointの中で、基礎的で尚且つ重要な機能を

レクチャーさせて頂きたいと思います(^-^)

まずっビックリマークビックリマーク

当然の事なのに、意外と誰も意識していない事があります・・・ビックリマークビックリマーク

それは・・・

Microsoft Officeのソフトには

それぞれ役割がある

という事です。

これ、案外皆さん意識しないで使っているのよね・・・。

例えば、Microsoft Office Wordは「文章を書くソフト」です。

なので、Microsoft Office Wordには、段落にブレッド(箇条書き)を付ける機能や

文頭を揃える機能があります。

ところが、Microsoft Office Excelには、ブレッド機能や文頭を揃える機能はありません。

なぜなら、Microsoft Office Excelは、「数字を集計するソフト」だからです。ニコニコ

なので、Microsoft Office Excelには、自動計算機能があります。

が、Microsoft Office Wordには、自動計算機能がありません。

このように、ソフトにはそれぞれ使用用途、つまり役目があり

目的を達成する為に「あると良いな」な機能が搭載(?)されておるのです。

そして、Microsoft Office Power Pointは、プレゼンテーション資料を作成する為のソフトです。

プレゼンテーションをするにあたり、また資料を作成するにあたり

有効な機能が搭載されているソフトなのです。

時々、無理やりMicrosoft Office Excelに文章を沢山書きこんでいる資料を見かけますが

概ね、

文字が折り返されておらず印刷時に全文表示されていなかったり

キーボードの「・」でブレットをつけたは良いけれど、文章の出だしが揃っておらず

見た目が非常に不格好だったり

しています。

本来なら、用途別にちゃんとソフトを正しく使い分ければ

とても綺麗な、ビシッと決まった格好良い資料が作れるのです。

間違った用途で使用するから余計難しくなってしまうだけで

ソフトを正しく使い分ければ、資料作成も簡単ニコニコ

では、次回からパワーポイントの機能レクチャーを行います☆

セミナー申し込みフォーム

セミナーのお申込みは以下のフォームよりお願いいたします。

参加セミナー

↑自動的に入力されます。

メールアドレス

 

お名前(フリガナ)

 

連絡先電話番号

上記入力が終わりましたら、チェックを入れてください

これは確認画面です。内容をよくお確かめのうえ送信してください。
forTop