資料作成やパワーポイントの事なら何でも解決。ビジネスプレゼンテーション資料作成コンサルタント。Microsoft Office PowerPoint MVP 山橋美穂

Power Point機能レクチャー(Office 2010 version)①

今まで、企業の社員研修や勉強会のセミナーなどを行って来ましたが

今年に入ってから

大学で資料作成のゼミを行う必要性を感じ

大学関係者の方に、それに関する資料をお送りさせて頂いております。

社会に出てから、資料作成についてゆっくり勉強する機会って

殆どないのですよね・・・。

新社会人は、即戦力になる事を望まれており

入社早々、上司から

「企画書作って」

「資料作っておいて」

なんて頼まれて

四苦八苦する

という話をよく耳にします。

なので、今の時代

資料作成は学生の時に学んでおく事がベストなのではないかと考えました。

学生支援などを行っております企業に伺うと

新入社員でも

ある特定の有名大学出身の人の資料は

他の大学出身者より、ずば抜けて良い

との事です。

聞くと、その大学は

授業やゼミで資料作成を取り入れているとの事。

既に、ExcelやPower Pointの授業が必修となっている大学が増えているそうです。

まだ資料作成の授業・講義を取り入れていない大学関係者の方々で

ご興味のある方がおりましたら

山橋

info@yamahashimiho.com

までご連絡下さい。

宜しくお願い致します。

さて、前回のお約束通り、

このブログで

パワーポイントの使い方を少しレクチャーしようと思いますニコニコ

Microsoft Officeのバージョンは、最新の2013と、多くの会社が使用していると思われる2007の間を取って

2010でお教え致します。

ちなみに・・・2007と2010はとても似ているのだけど

2010と2013は、またちょっと変わってしまっています!!ガーン

せめて10年は、あまり仕様を変えないで欲しい・・・しょぼん

では、皆さん、Power Pointを立ち上げて下さいニコニコ

今日は、パワポを司っていると言っても過言ではない

「スライドマスタ」

の機能をご紹介致します。

リボンの「表示」を開いて、「スライドマスタ」をクリックして下さい。

(画像が小さくてごめんなさいしょぼん 大きくする方法が分らないのです叫び

一番上にある大きなスライドの下に、小さなスライドが連なっています。

これを、一家族と考えて下さい。

一番上が、親マスタ、下に連なっているのが子マスタです。

親マスタに、オブジェクトを入れてみて下さい。

子マスタにも、同じオブジェクトが表れました目

そう、親の言う事は絶対服従なのです(笑)

つまり、スライド全体を通して表示させたいモノを親マスタに設定する事により

1ページ1ページに設定する手間が省けます。

例えば、全体を通したテンプレートデザイン、ページ番号、会社のロゴ、等は

全てこの親マスタに設定します。

でも、本文中のデザインと表紙のデザインは少し変えたい・・・

表紙にはページ番号を表示させたくない

なんて事もありますよね。

その場合は

親マスタを反映したくないスライドを選択し

「右クリック」→「背景の書式設定」

の中の

「塗りつぶし」→「背景グラフィックを表示しない」

にチェックをします。

そうすると、反抗期の子マスタが出来ました。

 

(続く)

セミナー申し込みフォーム

セミナーのお申込みは以下のフォームよりお願いいたします。

参加セミナー

↑自動的に入力されます。

メールアドレス

 

お名前(フリガナ)

 

連絡先電話番号

上記入力が終わりましたら、チェックを入れてください

これは確認画面です。内容をよくお確かめのうえ送信してください。
forTop