資料作成やパワーポイントの事なら何でも解決。ビジネスプレゼンテーション資料作成コンサルタント。Microsoft Office PowerPoint MVP 山橋美穂

スクリーンを使って人前でプレゼンする機会が多いのですが、その場に欠席された方にも後で見たら分かるような資料内容にしておきたいと思います。その場合、その場で使う資料と残す資料は作り分けをした方が良いのでしょうか。

はい、2パターン作成する事が望ましいです。

スクリーンに映し出されたスライドにびっしりと情報が詰め込まれていると、オーディエンスはそれを読み込んでしまい、プレゼンターの話に耳を傾けてくれません。

スクリーンでプレゼンをする際の資料の役割はあくまで「視覚的効果」が主で、プレゼンターが伝えたい事をビジュアル的に援護するような内容が望ましいです。

それとは逆に、読み返した時に全貌や詳細が分かる資料は、それなりの情報量を必要とします。

ですので、同じ内容でも用途によって資料を作り分けるのがベストです。

セミナー申し込みフォーム

セミナーのお申込みは以下のフォームよりお願いいたします。

参加セミナー

↑自動的に入力されます。

メールアドレス

 

お名前(フリガナ)

 

連絡先電話番号

上記入力が終わりましたら、チェックを入れてください

これは確認画面です。内容をよくお確かめのうえ送信してください。
forTop